トップ

賃貸詳細や契約に関する重要事項

賃貸物件に関する用語

マンション

賃貸契約を結ぶ時の法律用語

賃貸物件を借りる際に、知っておきたい法律用語に重要事項説明書というのがあります。これは、宅地建物取引業法では、仲介する不動産業者などは、入居者に対して借りようとする物件の詳細や契約に関する重要事項を、書面と口頭において説明することが義務付けられています。その説明書を重要事項説明書といいます。物件の詳細とは、登記簿に記録された内容、建物の設備、建物の構造やその他物件に関して入居者に伝えておくべき事項のことで、契約に関することとは、賃料やそれ以外にかかる費用、契約を解除する時に関すること、契約の更新、敷金などの賃貸契約内容についての事項となります。これらの説明を受け、内容を納得したうえで、正式な契約の運びとなります。

難しい法律用語もあります

アパートやマンションを賃貸する時には法律が関わってきます。専門用語もありますので、素人には分かりにくいこともあります。契約する時には宅地建物取引業者が重要な事項を説明することになっています。お金に関することや賠償に関すること、契約解除に関することなど、どれもとても大切です。説明を受けたあとに、その内容を印刷した重要事項説明書に記名押印することで賃貸契約が結ばれます。専門家が詳しく説明することが義務付けられていますので、用語などで理解できないことがあった時には遠慮せずに、すぐに質問するようにしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸詳細や契約に関する重要事項. All rights reserved.